病気のたね

5千年前の古代エジプト文明でミイラは全身の臓器は取り除きましたが心臓はそのまま棺に納めています。
それは心臓は魂が宿ると信じられていたからです。
3500年前の心臓を調べることでできました。
人類は古代文明の時代から心臓病に苦しんでいたことがわかりました。
700万年前にアフリカで誕生した人類
過酷な環境を知性で生き抜いて高度な文明を築き上げてきましたが、その陰で私達の体には病気のたねもできていたのです。
世界の死因の第一位で毎年700万人ほどがなる恐ろしい病です。
人はなぜ心臓病になるのでしょうか。
重力に逆らって日本の足に立ち上がったことが原因です。
下半身にたまりやすくなった血液を体中に流すために心臓への負担が増えました。